びせい星守プロジェクト

美星町観光協会では星空版の世界遺産といわれる「星空保護区認定」を目指し、「びせい星守プロジェクト」と題して、町内の防犯灯をLED照明から温かみのある電球色の照明に順次交換していくなど、様々な活動に取り組んでいきます。

井原市美星町は、星空を大切にするまちづくりを目指しています。語り継がれる流れ星伝説やそれを祀る三つの神社、古くから星空に縁のある井原市。なかでも観測関連施設を多く有する美星町は、ちょうど30年前の1989年11月22日、自治体初となる「光害防止条例」を制定しました。
条例の下、街の灯りが上方に漏れないよう照明設備の変更や住民への啓発など、地域一丸となって、様々な活動を行ってきました。それから30年。照明器具もLEDへ変わり、徐々にまちの灯りは明るくなってきています。そこで、改めて星空を守り、親しみ、星空を大切にするまちづくりのための活動を活性化させたい。それがびせい星守プロジェクトです。

現在、井原市と協力して新たな照明器具の選定、取替に向けた準備を進めており、地域への啓発活動、そして国際ダークスカイ協会への星空保護区認定申請も準備中で、地域で取り組む「星空保護区、コミュニティー部門」での認定を目指します。宜しくお願いします。

美星町条例サイト http://www.bao.city.ibara.okayama.jp/hikari-…/hikari-gai.htm
※星空保護区認定制度
国際ダークスカイ協会が2001年に始めた光害の影響のない、暗く美しい星空を保護・保存するための優れた取り組みを称える制度。 https://idatokyo.org/hogoku